女の人

コンプレックスの改善や永久脱毛のことは美容外科で相談しよう

自分の鼻

婦人

美容整形を行えば自分の理想の顔に近づけるでしょう。ただ、美容整形を行うとなると顔の印象が大きく変わってしまうため、多数の部分を整形するのは控えたいと考えている人もいるようです。そのような人は、自分の顔の中でも特にコンプレックスとなっている一箇所を美容整形してみるのも一つの方法です。顔の中でもコンプレックスとなりやすいのが鼻です。鼻は顔の中心にあるため、形や大きさによりその印象が大きく変わってくるのです。このため、自分の鼻が気に食わないと考えている人も多いようです。もし自分の鼻を美容整形するのであれば、仙台の美容外科に行ってみましょう。仙台の美容外科ではワシ鼻の整形なども行っています。そもそもワシ鼻とは、鼻筋が曲線的になっている鼻のことで、鼻が高くないとこのような鼻筋になっていることが多いのです。多くの人がワシ鼻といわれていますが、どうしてもそれがコンプレックスとなってしまい、鼻筋の通った顔になりたいと考えている人もいるようです。そんなときこそ、仙台の美容外科で美容整形を行ってみるといいでしょう。ワシ鼻の解消方法の一つとして、プロテーゼがあります。鼻を切開して、プロテーゼと呼ばれる人工物をそこに入れて鼻筋を一直線に通す方法です。プロテーゼを入れることにより、鼻筋が直線的になるため顔の印象が大きく変わるという特徴があります。この他にも仙台の美容外科では鼻骨骨切りといった方法を行っているところもあります。これらの方法で整形したとなると、発生してしまうのがダウンタイムです。ダウンタイムは、整形後による痛みや腫れなどのことである程度の行動に制限がかかることがあります。制限のかかっている間はできるだけ激しい運動などを控えるようにし、鼻を刺激しないように気をつける必要があります。仙台の美容外科で整形を行うのであれば、ダウンタイムの時間や、その間の過ごし方を確かめておくといいでしょう。