女の人

コンプレックスの改善や永久脱毛のことは美容外科で相談しよう

ほくろやイボの除去

美容整形

女性のさまざまな体のコンプレックスを治してくれるという仙台の美容外科では、バストアップや鼻の成形、シワやたるみの改善以外にほくろやイボの除去も行なわれています。ほくろやイボというと皮膚の上にあるので皮膚科でしか対応してくれないと思われがちですが、美容外科でもその除去ができるのです。仙台に住んでいる人のなかには、顔に大きなほくろがあって取りたいと考えている人や目立つようなところにイボができて悩んでいるという人もいます。こういった悩みを抱えている人のために、仙台にある美容外科ではQスイッチルビーレーザーというもので治療をしてそれらを除去してくれるのです。このQスイッチルビーレーザーというものは、アザの治療用レーザーとして1990年に登場しており、メラニン色素に反応するという特徴があります。メラニン色素というのは、肌が紫外線を浴びることでメラノサイトという細胞が作り出すもので、それが原因となりほくろや日焼け、シミなどができるのです。ほくろと呼ばれるもののほとんどがこのメラニン色素の沈着によって起こるものなので、Qスイッチルビーレーザーを使ってその部分だけに熱を与えて破壊するのです。ほくろやシミになっていない部分に当てたとしても照射時間が短いのでダメージになることはほとんどありません。また、仙台の一部の美容外科ではほくろやイボを除去するために炭酸ガスレーザーというものも使われています。炭酸ガスレーザーというのは強い熱エネルギーで細胞を蒸発させることができるものです。イボの部分に照射することで、その細胞の水分を奪い細胞を破壊して治療を行なうのです。この炭酸ガスレーザーは少し膨らんでいるほくろにも使うことができ、その施術時間は5分から30分となっています。自分のほくろの状態がどういうものなのかで施術の方法も変わります。ですから、まずはカウンセリングを受けてしっかり調べてもらいどんな方法がいいのか相談してみましょう。仙台にある美容外科なら一人一人に合わせて丁寧な治療を行なってくれます。